井戸掘りを専門業者に依頼【火災対策をはじめよう】

メニュー

災害対策として人気

井戸

近年人気が高まる理由

水道の普及により、井戸のある家は少なくなりました。ですが、大規模災害などをきっかけとして、井戸掘りの価値が見直されつつあります。井戸掘りは自宅の敷地内であり、水を通すパイプが2・5センチ以下であれば、実は許可なども不要で掘ることができます。井戸掘りには地下水が通っていることが不可欠な条件ですが、それさえある程度わかっていれば費用もそこまで高くはありません。業者に依頼するのが順当ですが、中には掘削機をレンタルして自分で掘る人もいます。井戸掘りのメリットは、災害対策として備えられるという点です。災害時に最も必要になるのは水です。飲料水だけならともかく、トイレ、お風呂などの生活用水をすべて購入した水でまかなうのはほとんど不可能です。そういったときに井戸があれば飲料水以外の生活用水をまかなうことができます。また、飲料水以外の植物用の水、子どもの水遊び用の水、洗車用の水などとして使う分には特に厳しい品質検査はいらないので水道代の節約にもなります。初期投資には20〜100万円ほどかかるのが一般的ですが、うまいこと水が出て、生活用水などにどんどん使っていけば数年で初期投資をペイできることもあります。ただ井戸掘りがうまくいくには水源があるのが大前提です。水源があるかないかの調査にもある程度費用がかかることがあるので、注意しなければなりません。調査なしだとどれだけやっても無駄になるおそれもあるので、事前調査をきちんと行うのは大切です。