井戸掘りを専門業者に依頼【火災対策をはじめよう】

メニュー

井戸水の利用

作業員

業者の選び方

かつては各家庭に井戸を掘って、井戸水を飲料水にしていましたが、近年では上水道が普及したため井戸水を利用する家庭が減少しています。それでも様々な場面で大量の水が必要となりますので、新たに井戸を掘る人も少なくありません。飲料水以外にも業務用に水を利用する場合もありますので、井戸の需要がなくなることはありません。近年の井戸掘りは、かなり簡易に工事することができるようになりました。井戸掘りを行う専門業者がおり、パイプの先にドリルを装着した機械で地中のボーリング調査を行っていきます。ボーリング調査の結果、水脈にたどり着くことができれば、パイプを水脈まで入れていき、最後にパイプの先端にバルブやポンプを取り付けて完了です。井戸掘り全体の工事費は掘削する深さにもよりますが、20m程度で30万円〜50万円、50m程度で60万〜100万円程度です。必ずしも井戸を掘ればどこからでも水が出てくるというわけではありません。場所によって出るところと出ないところがありますので、そのあたりは経験豊富な業者に依頼することが重要になります。井戸掘りは目に見えない部分で作業することになりますので、安心できる業者でなければ信頼できないことがあります。特に、掘削する深さによって費用も大きく異なりますし、「ロータリー掘削」や「打込み井戸掘り」など工法によっても費用が変わってくることから、業者と相談しながら検討していくことが重要です。